琴義弓介ブログ 乳的好奇心

コミスタにSHADEで作った曲面体の3D素材をエクスポート

今回の蜜乳でやったのでメモがてら書きます。
高速で作業するのが基本的な目的です。

1.jpg
①SHADEで素材を作成。
円の帰引体やら線形状の回転体やらでザクザクと。

2.jpg
②コミスタ4からSHDファイル(SHADEの基本ファイル形式)を
直接読み込めるようになったので、読み込んでレンダリングすると…
曲面の面取りが大きすぎて線が角ばってしまします。

3.jpg
③SAHDEで素材の線形状をポリゴンメッシュに変換。
変換する際のタブで”曲面の分割”は”細かい”に設定。

4.jpg
④ファイルのエクスポートで、DXFファイル形式を選択。
ここでも曲面の分割は”細かい”に。

5.jpg
⑤コミスタでのレンダリング結果。
画面いっぱいに出力してあるので角が見えますが
実際使用する時はこれよりも小さいのでOK。

6.jpg
⑥完成した状態。

こういった曲線の多い物体を描くと、狂いが生じやすいので3D機能が大変有難いです。

ちなみに、線形状のままでもポイントを増やしたり
③&④の工程で、”最も細かい”という選択も出来るのですが
前者では3Dソフトと睨めっこする時間を少なくしたく
後者では若干データ読み込み時に重くなるので
自分としては”細かい”が、現時点でベストの方法だと考えてます。

ただこの辺は人それぞれ目的が違うと思いますから
あくまで、高速でそれなりの見栄えを…という事での落し所と思って下さい。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2009/09/03(木) 03:33:27|
  2. 日記